So-net無料ブログ作成

仮想通貨 「億り人」18%減 [節約・お得]

日経新聞の記事から
国税庁は仮想通貨取引で1億円以上
あったと申告した人が前年19%減

一世風靡した仮想通貨ですが
儲けるのが難しくなってきました。

こういう新しいものは なんでも最初にやるのが
いいのですね

皆が仮想通貨だ 仮想通貨だと
騒げはもうそれは終わりです。

最初にやって素早く撤退する
後からやる人は貧乏くじをひきます。



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 

アマゾン 実店舗から配送 日本でも [節約・お得]

日経新聞の記事から
アマゾンはスーパー大手のライフコーポレーションと
組み 生鮮品や総菜をライフの店舗から
届けるサービスを始める。
ネットと実店舗が融合する流れは加速している。

ECでは強いアマゾンですがリアルも強めれば
鬼に金棒です。

アマゾンは米国で実店舗を拡大しています。
ネット通販で強いアマゾンですか 消費の比率は
ネットが2割 店舗が8割
消費の大半は 現在でもやはり店舗が主流なのです。

アマゾンがネットと店舗を制すれば
株価は上昇するでしょう



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 

配当金7兆円の行方 [節約・お得]

日経新聞の記事から
6月までに現金として約7兆円が
投資家に支払われる予定だ

大阪でG20が開かれるのは6月28日

この日は配当金の支払いか゜1.4兆円と
多いピークの日である
一気に株高に勢いがつくかもしれない


配当金の季節がやってきました。
年2回配当金が貰えます。

中間配当金のない企業は年1回ですが
それは通常は6月です。

不労所得なのでなんか
配当金って心理的に使いやすいのです。

だから株に行かなくても消費に行きます。

配当金だけで暮らせたら理想ですよね

そうなると相当に株を購入しないと無理ですが
株式投資家達は一度は夢見ます




10万円から始める高配当株投資術―――低リスク、低予算で1億円儲ける方法

10万円から始める高配当株投資術―――低リスク、低予算で1億円儲ける方法

  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2017/05/12
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 

観戦のチャンス!東京2020オリンピック・パラリンピックに抽選でご招待!野村のつみたてキャンペーン実施中 [銀行 証券 保険]

野村証券から
キャンペーン期間内に「投信積立」もしくは
「つみたてNISA」で累計5万円以上お買付けいただいたお客様の
中から5万円を1口とし、抽選で50組100名様を
東京2020オリンピックまたは東京2020パラリンピックに
ご招待いたします。
抽選口数に上限はありません。


2019年4月1日(月)~2019年12月30日(月)
個人のお客様

野村のつみたてキャンペーンにオリンピックを
絡ませてきました。

どの競技かはわからないですが
仮に当たっても日付とか競技に興味がなかったら
当選しても仕方ないです。

こうしたキャンペーンをやるということは
野村証券は、チケットを確保しているということでしょう

案外 富裕層の顧客には
チケットを渡しているかもしれません




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(19)  コメント(0) 

トヨタ30兆円は磐石か? [節約・お得]

日経新聞の記事から
平成の幕開けしたころは
トヨタ 日立 パナソニックの売り上げは
6兆円~8兆円で団子状態だった。

その後30年で差が開いた。
グローバル化ら成功したトヨタとデジタル化に
対応できず失速した電機

日本の索引車は、昔は電機と自動車でしたが
今は自動車のみです。

本日 トヨタ自動車から株主総会招集の通知が
郵送されてきました。

開催日時 2019年6月13日

時価総額世界ランキング42位

トヨタの将来はCASEに乗れるか
どうかです。

これが成功すれば更に株価は上昇しますが
失敗すれば電機と同じように失速します。





CASE革命 2030年の自動車産業

CASE革命 2030年の自動車産業

  • 作者: 中西 孝樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 

5社に1社 最高益

日経新聞の記事から
上場企業の5社に1社は最高益を更新する

「健康・医療」 「課題解決型」の企業も好調

非製造業に勢い
ニッチな分野で高い競争力を持つ企業が目立つ

日経平均株価はこのところ下落傾向ですが

その中でも最高益を更新する企業もあります。

選別が大切です。




課題解決型マーケティング・リサーチ 事例編

課題解決型マーケティング・リサーチ 事例編

  • 作者: 近藤 光雄
  • 出版社/メーカー: 生産性出版
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(13)  コメント(0) 

NEC 12年ぶり中間配当金 収益回復 ブルーチップ復帰なるか [節約・お得]

日経新聞の記事から
構造改革に苦しんできたNECが
ブルーチップ(優良株)への復帰を
視野に入れつつある
リストラで不採算のものづくりを手放した
NECは今やシステム中心の企業

NECは世界で3本の指に入る海底ケーブルや
世界トップの顔認証技術 
宇宙開発機器などの成長分野で高い技術力を持つ

となっていますが株価は回復するか?

成長分野での人工知能で世界第一位の
人工知能特許件数の
高い技術力を持っているIBMは
マイクロソフトやアップル グーグルに時価総額では
はるかに下です。


技術力がある会社が必ずしも株価が
高くなるわけではない。




NECの就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

NECの就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 協同出版
  • 発売日: 2019/01/10
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓






nice!(13)  コメント(0) 

三越伊勢丹 収益力底上げ 人件費来期100億円圧縮 [節約・お得]

日経新聞の記事から
営業利益400億円円台視野 超えれば
合併以来最高水準

コンシェルジュサービスなど
「より付加価値の高いサービスに人員を重点配置する」

注目はネット通販
化粧品販売サイト「meeco」
スマホのチャットでパーソナルスタイリングサービス
を提供する「DROBE」を始める計画
ネット通販は、会員数が増えれば増えるほど
販売増につながる

△人件費削減

△付加価値の高い店舗

△化粧品やスタイリングはファツションに
 強い伊勢丹には、ピッタリの通販です。

高級化粧品なんかは、プランド価値が低下する
ことを嫌ってメーカーがアマゾンには
出さないことがありますが
「meeco」の場合は、伊勢丹の高級百貨店がやっている
ネット通販なのでメーカーもプランド価値の向上になるので出してきます。

高級ブランドなんかはなかなかアマゾンで取り扱うことは
できないのはメーカーがブランド価値の低下を恐れているからです。
このあたりがアマゾンと高級百貨店が運営するネット通販の
違いでありアマゾンと差別化ができるところです。





誰からも信頼される 三越伊勢丹の心づかい

誰からも信頼される 三越伊勢丹の心づかい

  • 作者: 株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(11)  コメント(0) 

自社株買い急増 9割増3.4兆円 [節約・お得]

日経新聞の記事から
三菱地所など資本効率を改善するため
ファナックなど減益でも自社株買いに踏み切る

大規模な設備投資に依然として慎重

自社株買いは、株式需要が
引き締まり株価を高める効果あり
1株あたり利益も増える
自己資本利益率を底上げする効果もある

日本企業はまだ拡大の余地がある

自社株買いを実施する企業の株価が
上がりそうです。

自社株買いしそうな企業を前もって
買っておくといいでしょう

自社株買いもいいですが 本当にいい企業は
設備投資で株価を上げる企業です。


しかしそれが出来ないのなら
自社株買いも悪くはありません




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(13)  コメント(0) 

高シェアの内需株に資金 増税・景気減速へ耐性期待 [節約・お得]

日経新聞の記事から
株式市場での内需株のうち主力事業で
高いシェアを持つ企業や寡占度が高い
業種に資金が流入している。
米中貿易摩擦の先行き不透明の中
高いシェアを占める企業は、それだけの
商品力や技術力など付加価値を創造する
力があるため安定した業績成長が見込める

10月の消費増税を控え値上げによる
価格転嫁ができれば影響を抑えやすい

結局のところ強い企業に資金が集まると
いうことです。
そのほうがいいのです。

インデックスファンドだと
弱い企業にも資金が流入しますが
それだと弱い企業が生き残ることになります。

選別されるのが本来あるべ株式市場の姿です。



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0)