SSブログ

2020年7月の資産状況 [資産運用]

毎月月末には資産状況をエクセルに記録しています。

2020年7月の資産状況です。

<日本株>
日本株は保有している株の総額で比較しています。
日本株は先月より増えました。

<海外株>
SBI-EXE-i 先進国株式ファンドは先月より増えました。
SBI-EXE-i 新興国株式ファンドは先月より増えました。 


<米国株>
IBMは先月より減りました
ジヨンソン エンド ジヨンソンは先月より増えました
VISAカードは先月より減りました。
マイクロソフトは先月より増えました
アマゾンは増えました
ディズニーは増えました
アドビは増えました。
P&Gは増えました。

P&Gはプラスになりました。
IBM ディズニー等は
今だに含み損を抱えています。

マイクロソフトとアマゾン アドビは 買い増ししていなくても
2020年1月よりも上がっています。
マイクロソフトもアマゾンもアドビも右肩上がりです。
米国IT企業はやはり強いです。

米国株8社の総合計は 13,075,032円

バンガード高配当ETF VYM は増えました。
しかしまだ含み損を抱えています。
これはNISAで買っているので損をしても
損益通算はできません。
だから絶対にプラスにならないとまずいです。

<海外債券>
米ドルMMFは 減りました。

野村インデックス新興国債為替ヘッジは先月より増えました。

<日本REIT>
東証REIT-ETFは増えました。
森ヒルズリートは 増えました

<海外REIT>
三井住友TAM-SMTグローバルREITインデックス・オープンは増えました。
eMAXIS新興国リートインデックスは減りました。


<コモディティ関連>
金は増えました
プラチナは増えました

SBI-EXE-i先進国株式ファンド10,237,992円
1千万円台にやっと戻りました。

米国株8社の総合計は 13,075,032円

恐るべきはソフトバンクグループです。
あれから400株売却して現在1800株保有
ソフトバンクグループ 1,800株 11,871,000円
400株売却しても1千万円台を維持している。
目標株価1万円を行くという強気論もありますが
どうでしょうか?

この3つが1千万台に戻りました。
しかしSBI-EXE-i先進国株式ファンドは
1月は10,899,399円なのでまだ1月には戻っていない

米国株8社は暴落の時 米ドル外貨MMFを使って
購入したので当たリ前のことですが1月よりは増えています。
買い増しして減ったら大変です。

ソフトバンクグループは大幅に増えています。
一時は7048円ですから 決算内容と
アーム再編が どうなるかによって株価は
決まります。
上手くいけば株価1万円台もありえます。

金融資産総額は
前月対比は 103.73% 前年対比は97.10%

ほとんどの金融資産が増えており
3月を底に回復基調にあるが まだ2020年1月
コロナウィルス感染前までには戻っていない

さて2020年の後半が始まりました。
コロナウィルスの感染がなければ
今頃は東京オリンピック開催で日本中が沸き立って
いる時期なのですが まさか東京オリンピックが来年に延期されるとは
2020年が始まった1月には全く思ってもいませんでした。
予想外の展開です。

日経新聞の記事から
感染再拡大 世界の7割
海外もそうですか日本も連日感染者数が過去最大を
更新しています。

なんとかして経済との両立をはかろうとしていますが
このまま感染者数が増え続けるとまた
緊急事態宣言の再発令ということになります。
そうなると飲食 百貨店 ホテル 旅行 レジャー 鉄道 航空等は
再び壊滅的な打撃を被ります。

コロナ以前は含み益を抱えていた
私の保有している阪急阪神ホールディングス
東急不動産 三越伊勢丹等は含み損を抱えています。

逆に巣ごもり関連の株価は更に上昇するかもしれません。

アップルは、「在宅需要」が追い風になり
時価総額再び世界最大になりました。

米アマゾンが過去最高益、「巣ごもり消費」で好調

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で自宅で過ごす人が増え、
インターネット通販やITサービスへの需要が高まったことが好調な業績を支えた

この決算を追い風にハイテク株はさらに20~30%上昇
してもおかしくない

今はもう上がる株と下がる株が二極化しています。
上がる株は徹底して上がり下がる株は徹底して下がる

今後上がることが予想されるのは米国IT企業と
金(ゴールド)です。
この二つは確実に上がると思います。

手っ取り早く儲けるのならば
まだまだ上昇する
好調な米国IT企業に順張り投資で
乗っかかってもいいかもしれません。

それか徹底して逆張り投資に徹するかです。
コロナウィルスで暴落したクソ株を安値で買い
ひたすら上がるまで待つ

クソ株は、ほぼ底値なので 今から買っても
そんなに下がらない 下がっても損失は知れています。

配当金は無配かもしれませんが 日本の企業には
米国企業にはない株主優待があります。

でも最悪上がるまで10年は待たないといけないかもしれません。

ただ日本の場合は株主優待があるので無配であっても
株主優待を楽しみながらひたすら上がるまで待つ!
という作戦も取れます。

好きな株主優待ならそれでもいいかもしれません
例えばディズニーランドの株主優待のオリエンタルランドとか
好きな人にとっては安値で買えるチャンスです。

株価が元に戻るまで気長に株主優待を
楽しめばいいのです。

コロナウィルスが
いつ収束するのか? またどのような形で収束するのか?
まったく予測ができません。

ただ確実に言えることはいつかは必ず収束すると
いうことです。

未来永劫続くことはありません。

いくら何でも次の東京都知事選までには
収束しているのではないかと思います。

次の東京都知事選でも小池百合子
東京都知事が街頭演説に出ず
ひたすら都庁にこもって
ウィルス対策の指揮を執っていた。
となったら それはもう笑えない世界です。

目指せ!夢の配当生活!
    ↓↓↓ 
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

長期投資についてもっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   

株式長期投資ランキング


スポンサードリンク↓↓↓









スポンサードリンク


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。